アプリケーション

高精細・高精度3Dプリンターによる
医療器具のアプリケーション

3D造形技術はすでに医学界での治療方法に多くの革命をもたらしましたが、これは始まりに過ぎません。競争が激しい医療機器業界のなか、PμSL技術は製品開発プロセスを加速させる強力なツールです。

心臓血管ステントの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:HTL
  • 公差:±25μm
  • 異なるデザインのモデルを同時印刷

内視鏡ハウジングの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:HTL
  • パイプの壁厚は僅か65μm
  • 一体成型

内視鏡ハウジングの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:HTL
  • 公差:±25μm
  • 1回で110個のモデルを造形可能

マイクロ針の3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:HTL
  • パイプ径が0.25mmの螺旋状のマイクロニードル
  • 動物の皮膚を穿刺できる
TESTIMONIALS

BMFの3Dプリンター
お客様の評価

医療業界における3Dプリンタ活用
工業製品の試作からモデリングまで、製品開発の現場で使われている「業務用3Dプリンタ」。その用途は製造業にとどまらず、建築や食品などさまざまな業界に広がっていますが、なかでも注目が集まっているのが医療分野です。
医療業界では、体内に埋め込まれるステントや臓器モデルによる手術支援など、すでに一部の領域で3Dプリンタの活用がはじまっています。


引用元:医療業界における3Dプリンタ活用事例とアプリケーション

3Dプリンターのよくある質問

東京の拠点にて一部の機種を見学することができます。実機見学をご希望の方は、こちらからご依頼願います。
弊社営業担当者よりご案内いたします。こちらからお気軽にお問合せください。
各機種の造形サンプルをご用意しております。サンプルの種類など詳細は、こちらからお気軽にお問合せください。

弊社の独自開発のPμSL(ProjectionMicroStereolithography) と呼ばれている投影型マイクロ3D光造形技術を採用しております。

造形サービスの依頼の場合、通常納期は3週間頂いております。