アプリケーション

BMFの3Dプリンターが得意とする構造

PμSL技術は科学研究、医療器具、電子部品、マイクロ流体など、様々なアプリケーションに広く使用されています。切削加工や金型では難しい複雑な3D微細構造を実現しています。

3Dプリントによるアプリケーション〈格子構造〉

積み重ねられた立方体

  • セルの辺の長さ:0.4mm
  • セルの間隔:0.15mm
  • 比表面積が大きい

Gyroid

  • 厚さは0.2mmまで
  • 高い滑らかさ
3Dプリントによる〈格子構造〉
3Dプリントによる〈格子構造〉

微細格子ロッド

  • ロッド径は10μm(S130)または30μm(140/240)まで可能
  • 数十ミクロンのロッド径と数センチの体積が製作可能

3Dプリントによるアプリケーション〈マイクロニードルアレイ〉

円錐形の針

  • 密集配列
  • 滑らかな表面

傾斜円錐針

  • 異なる傾斜角度が可能
  • 滑らかな表面

柱形針

  • 円柱/角柱が可能
  • 数十ミクロンの辺の長さや直径が可能
3Dプリントによる〈マイクロニードルアレイ〉
3Dプリントによる〈マイクロニードルアレイ〉

ピラミッド型の針

  • シャープなエッジ
  • 滑らかな表面

マイクロスプリング

  • 伸縮性あり
  • 密集配列

バイオニックマイクロ針

  • 双曲面
  • Scienceに掲載された。

3Dプリントによるアプリケーション〈マイクロ流体〉

二次元流路

  • 流路幅は数十ミクロン程度
  • よりコンパクトな配置

正弦波流路

  • 密閉型・開放型の頂部が可能
  • 滑らかな曲面
3Dプリントによる〈マイクロ流体〉
3Dプリントによる〈マイクロ流体〉

マイクロパイプ

  • マイクロパイプ
  • 最小直径:“50μm”
  • 水平/垂直配置可能

三次元流路

  • 一体成型
  • 複雑な流路形状が可能

射出成形/CNC加工では難しい部品の3Dプリント

密集微細穴

  • 数十ミクロンの穴間隔を実現可能
  • 特殊な穴(可変径など)の製作が可能

アスペクト比が大きい穴

  • 密集配列
  • 従来の方法よりアスペクト比が大きい
射出成形/CNC加工では難しい部品の3Dプリント
射出成形/CNC加工では難しい部品の3Dプリント

薄壁

  • 厚さは数十ミクロンまで実現可能
  • 従来の方法より面積が大きい

中空構造

  • 一体成型
  • 組立不要

3Dプリンターのよくある質問

東京の拠点にて一部の機種を見学することができます。実機見学をご希望の方は、こちらからご依頼願います。
弊社営業担当者よりご案内いたします。こちらからお気軽にお問合せください。
各機種の造形サンプルをご用意しております。サンプルの種類など詳細は、こちらからお気軽にお問合せください。

弊社の独自開発のPμSL(ProjectionMicroStereolithography) と呼ばれている投影型マイクロ3D光造形技術を採用しております。

造形サービスの依頼の場合、通常納期は3週間頂いております。