高精細・高精度3Dプリンター

世界をリードする精密水準を実現する
BMFの3Dプリンター

3Dプリンター〈microArch®シリーズ〉は、マイクロ射出成形の解像度と公差に匹敵する機能を備えており、産業用アプリケーション向けの精密微細構造を高精度で実現しています。

3Dプリンターの製品一覧

MICRO SCALE 3D PRINTING SYSTEM

光学解像度

造形サイズ

造形材料

造形積層ピッチ

超高解像度 3Dプリンタ microArch®S230

超高解像度 3Dプリンタ
microArch®S230

超高解像度 3Dプリンタ microArch® S130

超高解像度 3Dプリンタ
microArch® S130

スタンダードモデル 3Dプリンタ microArch® S240

スタンダードモデル 3Dプリンタ
microArch® S240

スタンダードモデル 3Dプリンタ microArch® S140

スタンダードモデル 3Dプリンタ
microArch® S140

スタンダードモデル 3Dプリンタ microArch® P140

スタンダードモデル 3Dプリンタ
microArch® P140

高解像度+高コストパフォーマンス microArch® P150

高解像度+高コストパフォーマンス
microArch® P150

超精密水準を実現するmicroArch® 3Dプリンター

3Dプリンター製品仕様・スペック

項目/製品 S230 S130 S240 S140 P140 P150
光学解像度 2 μm 2 μm 10 μm 10 μm 10 μm 25 μm
積層厚 5~20 um 5~20 um 10~40 μm 10~40 μm 10~40 μm 10~50 um
加工交差 ±10 μm ±10 μm ±25 μm ±25 um ±25 um ±50 μm
造形サイズ L: 50 mm
W: 50 mm
H: 50 mm
L: 38.4 mm
W: 21.6 mm
H: 10.0 mm
L: 100 mm
W: 100 mm
H: 75 mm
L: 94 mm
W: 52 mm
H: 45 mm
L: 19.2 mm
W: 10.8 mm
H: 45 mm
L: 48 mm
W: 27 mm
H: 50 mm
最小設置面積 L: 1720 mm
W: 750 mm
H: 1875 mm
L: 1720 mm
W: 750 mm
H: 1875 mm
L: 1700 mm
W: 700 mm
H: 1640 mm
L: 1700 mm
W: 700 mm
H: 1600 mm
L: 1700 mm
W: 700 mm
H: 1600 mm
L: 1000 mm
W: 700 mm
H: 1600 mm
設備総重量 660kg 550kg 300kg 245kg 245kg 85kg
電源 100V AC, 50/60Hz, 1KW 100V AC, 50/60Hz, 1KW 100V AC, 50/60Hz, 1KW 100V AC, 50/60Hz, 1KW 100V AC, 50/60Hz, 1KW 100V AC, 50/60Hz, 1KW
詳細 超高精度3Dプリンタ
超高解像度モデル
超高精度3Dプリンタ
スタンダードモデル
超高精度3Dプリンタ
高コストパフォーマンス

高精細・高精度3Dプリンター
機種選定のポイント

  • 希望公差:±10um
  • 最小部材サイズ:<30μm
  • 究極の精度を追求する
  • 希望公差:±25um
  • 最小部材サイズ:<60μm
  • より大きいサイズ、より高速

高解像度+高コストパフォーマンス
25μm(P150)

  • 希望公差:±50um
  • コストダウン
※3Dデータやご要望などをご教示いただけると最良の 3Dプリンターをご提案させていただきます。

BMFの3Dプリンター
製品特性

信頼性の高い3Dプリント技術

お客様のニーズに応じて、安定的かつ信頼性の高い3Dプリント技術で最適なソリューションを提供します。

高精度と実用的なサイズを両立

特許取得済みの「スプライシング」技術により、高精度3Dプリントと実用的なサイズを両立できます。

3~48時間以内に3D造形完了

90%以上のケースが3~48時間以内に製作完了されます。

各パラメーターを正確に制御

3D造形の各層の厚さや露光パラメーターを正確に制御することができます。

Materialise社と提携

3DプリンティングソリューションのグローバルリーダーであるMaterialise社と提携しています。

BFMの3Dプリンターが選ばれる理由

高精度3Dプリント技術および関連新材料の研究開発を行う企業。
その技術は2014年、2015年連続して、「MIT テクノロジーレビュー」で「ブレイクスルーテクノロジートップ10」と評された。2~10マイクロメートルの高精度3Dプリント技術を持ち、その精度は高く、3Dプリント機器はMITや東京大学、清華大学、北京大学などの研究室や多くの日米欧企業に導入されている。
電子コネクターやチップ製造、医療精密部品、バイオニック材料など運用できる分野は多岐にわたる。

引用元: 海外ビジネス情報|JETRO

高精細・高精度3Dプリンター
光造形の動作原理・実機展示

3Dプリンタ構成図
3Dプリンター構成図

BMF独自のマイクロナノ光造形〈PμSL〉

現在、製造業で使われている「業務用3Dプリンタ」は、光造形のDLP方式が主流です。 より高い造形精度がもとめられるなか、BMFではDLP方式をもとに、PµSL(Projection Micro-Stereolithography)とよばれる独自の光造形技術を開発しました。
PμSLでは、一般的な光造形(DLP)とおなじように、UVによる樹脂硬化を重ねることで造形します。投影レンズの精密な制御により、数マイクロメートルから数百ナノメートルの解像度を実現します。

3Dプリンターのよくある質問

東京の拠点にて一部の機種を見学することができます。実機見学をご希望の方は、こちらからご依頼願います。
弊社営業担当者よりご案内いたします。こちらからお気軽にお問合せください。
各機種の造形サンプルをご用意しております。サンプルの種類など詳細は、こちらからお気軽にお問合せください。

弊社の独自開発のPμSL(ProjectionMicroStereolithography) と呼ばれている投影型マイクロ3D光造形技術を採用しております。

造形サービスの依頼の場合、通常納期は3週間頂いております。