アプリケーション

高精細・高精度3Dプリンターによる
マイクロ流体のアプリケーション

バイオや医薬などの分野ではマイクロ流体への要求が高まりつつあります。 従来のフォトリソグラフィーを用いたマイクロ流体の製造には、限界が見え始めてきました。 世界最高水準の精度を誇るBMFの技術は、特に複雑なマイクロ流体の製作に優れており、すでにマイクロ流体の分野で多くのお客様に選ばれています。

遺伝子シーケンサーバルブプレートの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:BIO
  • 三次元内部チャンネル
  • 最小パイプ径:0.2mm

血液冷却レギュレーターの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:HTL
  • 正弦波形状の内部パイプ
  • 一体成型、組立不要

流体コネクタの3D造形

  • 本体:S140 (10μm)
  • 材料:BIO
  • 内部空洞が含まれる
  • 一体成型、組立不要
TESTIMONIALS

BMFの3Dプリンター
お客様の評価

マイクロ流体デバイスとは
マイクロ流体デバイスとは、微細加工によって形成された「マイクロ流路構造」をもつガラス基板などのチップです。マイクロ流体デバイスは、実験室での混合・反応・分離・検出を、チップ上のマイクロ流路で行う「Lab-on-Chip」など、バイオや化学分野をはじめ、さまざまな業界で応用されてます。

引用元:マイクロ流体デバイスの特徴と3Dプリンタ活用例

3Dプリンターのよくある質問

東京の拠点にて一部の機種を見学することができます。実機見学をご希望の方は、こちらからご依頼願います。
弊社営業担当者よりご案内いたします。こちらからお気軽にお問合せください。
各機種の造形サンプルをご用意しております。サンプルの種類など詳細は、こちらからお気軽にお問合せください。

弊社の独自開発のPμSL(ProjectionMicroStereolithography) と呼ばれている投影型マイクロ3D光造形技術を採用しております。

造形サービスの依頼の場合、通常納期は3週間頂いております。